マンションの模型

家賃保証会社の審査方法|どれくらいの料金が発生するのか

サブリースの手法

積み木

不動産を活用して上手に資産運用を行ないたい方が目をつける方法としてサブリースがあります。外部委託により利益を得る方法であるサブリースにはどのような利点があるのか、見てみましょう。

もっと読む

家賃保証とその他の契約

男の人

不動産による資産運用を行なっていく中で、不動産会社とのやり取りが発生することがあるでしょう。不動産会社が用意している様々な制度の中から家賃保証に焦点を当て、その他の契約と共にお伝えします。

もっと読む

審査方法や費用

婦人

家賃保証会社が入居者の査定に行なう審査は、保証会社によってまちまちとされています。保証会社ごとに独自の審査方法があり、それにより評価の詳細にはずれが生じることでしょう。しかし、ある程度の指針というものが存在します。基本的には、年収と勤続年数という二つの観点が用いられるようです。この二種類の項目を審査する際には、在籍確認と呼ばれる審査も並行して用いられます。これは、入居者が勤務先に努めていることの確認を指します。こういった審査を行なう背景には、家賃保証会社の特徴があります。
家賃保証会社は家賃の滞納があった場合に入居者に代わりオーナーへ滞納分の支払いを行ないます。そして、滞納している家賃の回収までを行なうのです。そうした事情から、入居者による家賃滞納をなんとしても防ぐために厳しい審査を用いるのです。
また、オーナーが家賃保証会社を利用するには何種類かの費用が発生します。その料金はどれくらいのものなのでしょう。まず取り上げるのは、初回保証料です。これは文字通り初回に支払いが発生する費用となります。この料金は、家賃の合計から算出されることが多いです。また、香辛料というものも発生します。この費用が発生するタイミングは一年ごとや二年ごとなど、保証会社によって様々です。料金は初回保証料と同様、家賃総額から算出されることが多いです。
家賃保証会社の利用にあたっては、かかる費用と懐に入る利益を考慮して慎重に決めると良いでしょう。

不動産投資に必要な観点

セミナー

不動産投資を行なう際には、様々な点に注意する必要があります。多額のお金が動くので、慎重に動くべきでしょう。各地で開催される不動産投資セミナーも利用してみましょう。

もっと読む