サブリースの手法|家賃保証会社の審査方法|どれくらいの料金が発生するのか
女性

家賃保証会社の審査方法|どれくらいの料金が発生するのか

サブリースの手法

積み木

不動産を利用した資産運用には様々な方法があります。対象の不動産を自ら運用する方法や、管理業務の部分を外部へ委託する方法など、用いる方法やその時の景気に応じて利益は変わってきます。サブリースという方法は、対象不動産の経営を外部へ委託するというものになっています。その方法がどういった利点をもたらすのか、ここでお伝えします。
サブリースの仕組みである外部への経営委託とはどういった仕組みで行なわれるのでしょう。そのやり取りは、対象不動産の持ち主と不動産会社によって行なわれます。対象不動産の持ち主は、不動産会社に不動産を一括で借り上げてもらいます。不動産会社は対象不動産の持ち主に対して一定の賃料を支払うことになります。サブリースの大きな魅力はこの「一定の賃料」にあります。
一般的な不動産経営を行なう際には、空室対策が大きな課題の一つとなります。経営するアパートやマンションに空室が発生してしまったら、利益がゼロとなってしまうのです。毎月発生する費用を考慮するとむしろマイナスであると言えます。サブリース契約には、こうした不安がないのです。定期的に一定の額を得ることができるのがサブリース契約の利点です。
また、もう一つの利点としては運営の手間を省けるというものがあります。不動産の運用を行なうとなれば、日々の管理や入居者の斡旋といった様々な業務が発生します。サブリース契約により、そうした専門性の高い煩雑な業務を委託することができるのです。不動産管理を行なったことがない方にとって有益な契約と言えるでしょう。