家賃保証とその他の契約|家賃保証会社の審査方法|どれくらいの料金が発生するのか
女性

家賃保証会社の審査方法|どれくらいの料金が発生するのか

家賃保証とその他の契約

男の人

家賃保証制度は、管理会社に対して入居者の管理を委託する契約を管理会社とオーナーの間で結ぶ制度のことを指します。特徴としては、オーナーが一定の収入を得られるという点があります。入居者との様々なやり取りを管理会社が行なってくれます。対応が困難なクレーム処理や家賃滞納の催促などの業務を代行してくれるのはオーナーにとっては嬉しい点です。
一方で、家賃保証は利益率が下がるという特徴もあります。管理会社が間に入るため、オーナーが得る利益が少なくなってしまうのです。管理が楽な分、稼ぎが減るというのが家賃保証制度の特徴であると言えるでしょう。
利益をより上げたいとお考えであれば、ご自身で不動産管理を行なう、または業務の一部を不動産会社へ委託するという契約方法が有効です。自ら管理する範囲を増やすことによりより利益率を高くすることができる点は、家賃保証にはない利点でしょう。
家賃保証会社が行なっているサービスの中に、第三者を連帯保証人とするものがあります。通常、連帯保証人は親族など利用者に関係のある人間が対象となることが一般的です。しかし、昨今では核家族化が進行していることから親族が連帯保証人を頼みづらい風潮ができてしまっています。そうした社会情勢に適応したサービスであると言えます。一方、滞納が発生した際には家賃保証会社が取り立てを行なうことになるので、より厳しい回収となることがあります。家賃保証会社を利用する利点と注意点を見極め運用の一助としましょう。